パソコンを使っている男性

【次世代】Selflleryという仮想通貨が稼げるSNSがある!

SNSで稼ぐことができるのは、現金だけに留まりません。SNSを使って、今話題の仮想通貨を稼ぐこともできます。仮想通貨を稼ぐことのできるSNSに、Selflleryというサービスがあります。このサービスでは、自撮り写真や動画を投稿して、その投稿にTwitteでいうところのコメントやいいねがつくと、報酬が発生します。コメントやいいねの数は、報酬を得るための1つの指標となっています。SelflleryではいいねのことをLikeと呼んでおり、Likeをいかに増やすかがポイントになります。

ここでいう報酬は現金ではありません。YOUトークンと呼ばれるものが報酬になります。YOUトークンはSelfllery内のサービスを使ったりYOUトークンをイーサリアムの財布に転送し、仮想通貨の交換をしたりすることができます。

TwitterやFacebookでは、投稿すること自体が直接収益になる事はありません。あくまで書き込む内容の中に広告を付けたり、商品を紹介したりすることで収益が発生します。しかし、Selflleryは投稿した自撮り写真や動画にLikeがつくことで報酬が発生します。そのため、普段TwitterやFacebookで写真をアップしているのならば、Selflleryを活用することでより収益を伸ばせる可能性が高くなります。

また、Selflleryは慈善事業にも力を入れています。Selflleryは利益の10%を毎月慈善事業に寄付をしています。ユーザー自身も、獲得したYOUトークンを使って慈善事業に寄付をすることができます。

他のSNSとSelflleryが違うのは、前述したように報酬を仮想通貨として使うことができるという点です。YOUトークンと交換することのできるイーサリアムは、ビットコインの次に市場規模が大きい仮想通貨を扱うプラットフォームです。仮想通貨は、100円が100倍の価値になることもあれば100分の1の価値まで下がることもあります。リスクがある反面、現金として報酬を得るよりも多く稼ぐことのできる可能性を秘めています。

また、写真クエストや写真コンテストなど、定期的にイベントがあるという点も他のSNSにはない特徴です。イベントに参加することでいいねをより多く獲得することができ、報酬のアップに繋がります。Selflleryは、ユーザー同士の交流やイベントを楽しみながら報酬を得て、仮想通貨を持つことができるサービスといえます。