パソコンを使っている男性

匿名でもFacebookでアフィリエイトは簡単にできる?

お金を出す人

人気のSNSには、インスタグラムの他にFacebookもあります。Facebookは原則として実名や個人情報を登録し、簡易的なブログのような感覚で日々の出来事を投稿することができるサービスです。世界的に人気のSNSで、ビジネスマンも多く利用していることが特徴です。

勿論、Facebookでもアフェリエイトをすることが可能です。しかし、中にはアフェリエイトをしていることを周りの人に知られたくないという人もいらっしゃるでしょう。Facebookは原則実名での登録を呼びかけているため、普通であれば周りの人に知られるリスクが高くなるというデメリットがあります。

では、周りにビジネスをやっていることを知られたくないという人は、Facebookでアフィリエイトはできないかというと、そういうわけではありません。匿名でもFacebookでアフィリエイトはできます。その方法は、Facebookページでアフェリエイトをするという方法です。

Facebookページでは、匿名で投稿することができるというメリットがあります。つまり、実名で利用しなければならないというFacebookのデメリットをなくすことができます。そしてFacebookページは、Facebookで登録している個人情報と紐づくことがないため、安心してアフェリエイトをすることができます。

具体的なアフェリエイトの方法として、広告収入があります。手順としては、日々の出来事を通常通りに書き込んだ後、最後の数行で広告文を書きリンクを貼るという形です。これは広告単体で投稿するよりもより高い収益を望むことができます。

また、アプリ内に広告をつけて収益を出すという方法もあります。アプリ内につく広告は、間違ってクリックされることが非常に多いため、かなりのクリック数を見込むことができます。アプリは自分で好きなものを作ることができ、アプリ作成用のツールも安い価格で販売されています。

どのようなアプリを作ればいいのかわからないという方もいるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。例えば、心理テストや性格診断などのアプリは人気が高いです。診断アプリをやってみて、項目を選択する際に間違って広告をクリックした経験のある方もいるのではないでしょうか。

収益の発生する手順が明確ですので、アプリを複数作って簡単に広告収入を得ることが可能です。広告文を書きリンクを貼るという方法と同様に、アプリ内におく広告でも高い収益を望むことができます。アプリ内に広告をおけることは、Facebookでアフェリエイトをするメリットの1つといえます。