パソコンを使っている男性

YouTuberになって稼ぐ方法とは?手順をご紹介

個人で稼ぐ方法として今人気なのは、YouTuberです。数年前はあまり聞くことがありませんでしたが、今や立派な1つの職業となっています。YouTuberとは、動画投稿サイトであるYouTubeを使って稼いでいる人達のことを指します。動画を投稿して、そこに広告を付けることで広告収入を得るというのが報酬発生の流れです。動画が再生された数だけ広告収入も上がりますので、YouTuberは皆、多く再生される動画は何かを考えて投稿しています。

YouTubeで広告収入を得るためには、グーグルアドセンスアカウントを持つことが必須となります。グーグルアドセンスとは、グーグルが提供している広告配信サービスのことです。このサービスを使えるようにするには、審査を通過する必要があります。

グーグルアドセンスアカウントを持つには、まずGmailアカウントを無料で取得します。そのGmailアカウントを使って、YouTubeチャンネルを作成します。チャンネルを作ることができたら、数本の審査用の動画投稿をして、グーグルに審査をしてもらいます。無事に審査通過すれば、YouTubeチャンネルへ投稿した動画に広告をつけることができます。

YouTubeで収益を上げるには、人気のジャンルの動画を上げていくのが効率的です。人気のジャンルは複数あり、特にゲーム実況やペットなどの動物の動画は非常に人気が高いです。ゲーム実況は自分が動画に出なくても、声のみで行うことができます。そのため、顔を出すことに抵抗がある方や周りにYouTubeをやっていることを知られたくない方におすすめです。

同じく、ペット動画も顔を出すことに抵抗がある方にはおすすめです。自分自身が動画に出る必要はなく、ペットの動画を撮影するだけでいいので初心者の方にもやりやすいジャンルとなっています。

YouTubeは誰でも挑戦しやすいコンテンツですが、同時に注意もあります。銀行口座の登録についてです。グーグルのシステム上、最初の頃は銀行口座を登録することができません。ある程度収益が上がってきたタイミングで銀行口座を登録できるようになります。はじめの設定時に登録ができないため、銀行口座の登録を忘れないよう注意が必要です。

また、音楽に関しても注意が必要です。YouTubeで音楽を流すには、著作権所有者の許可を得る必要があります。動画を撮っている時に、流していた音楽が入り込んでしまったり、外で撮影している際に街中で流れる音楽が入り込んでしまったりすると著作権の侵害になってしまいます。しっかり確認してから動画をアップすることが大事です。